カーリング米代表 マット?ハミルトンがカスタム仕様の Nike SB Dunk を試合で着用

ポール?ロドリゲスの“What The Paul”をカスタム

大人気*ナイキ ダンクコピーSB Dunk Low What The P-Rod*CZ2239-600

商品コード :CZ2239-600

カラー :MULTI-COLOR

サイズレポート

?サイズにぴったり:71.4

?サイズが大きいです。0.0%

?小さく感じる:28.6

スタイル :スポーツ、ストリートスタイル

適用シーズン :オールシーズン

クロージャー :ひも付き

機能性 滑りにくい、クッション性がある、履きやすい

ソール素材 :ラバーソール

アッパー :ローカット

つま先のタイプ :ラウンドトゥ

ヒールタイプ :フラットヒール

カラーウェイ :マルチカラー

ナイキダンクローSB「WhatThePaul」は、スウッシュとポールロドリゲスジュニアとの長年のパートナーシップを祝うものです

ポールロドリゲスジュニアは、彼自身のシグネチャーナイキシューズを上陸させた最初のスケートボーダーです

ミスマッチの靴はそれぞれ、P-Rodのシグネチャーラインから抜粋された独特の色、質感、素材が特徴の大ヒットメドレーです

P-Rod 1のさまざまなカラーウェイから複数の詳細が描かれています

これには、J-Rodの象のプリントオーバーレイや、「メキシコのブランケット」と「スタッシュ」のエディションを参照するつま先のボックスが含まれます

その他のハイライトには、P-Rod 2のキルティングの裏地と、2020年からアスリートのメキシコをテーマにしたSBダンクハイから取ったメタリックレースの宝石が含まれます

「北京2022オリンピック」に出場しているカーリングのアメリカ代表 Matt Hamilton(マット?ハミルトン)が、カーリング仕様にカスタムした〈Nike SB(ナイキ SB)〉のDunkを男子1次リーグ 第2試合のスウェーデン戦で着用した。

Hamiltonの履いたモデルは、2021年5月にリリースされたPaul Rodriguez(ポール?ロドリゲス)の“What The Paul”。転売市場でも50,000?10万円前後で取引されているレアものだ。この特別な1足は、LAのショップ『Project Blitz』によってカスタム/供給されたようで、アウトソールにはスライダーが、つま先にはトゥキャップが、シューレースには『Project Blitz』のデュブレが装着されている。フォトギャラリーからそのディテールをチェックしてみよう。

「カーリング米代表 マット?ハミルトンがカスタム仕様の Nike SB Dunk を試合で着用」への0件のフィードバック

  1. オーケー、純粋主義者たちに僕はここでボコボコに叩かれるでしょう。月面着陸50周年を記念して、歴代のスピードマスターのなかで一番好きなものを考えろと言われて、選んだのがこれだって? プロフェッショナルモデルでもないし、ましてやブラックダイヤルでもない。

時計を学ぶ女子学生 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です